写仏

仏画を描き写す「写仏(しゃぶつ)」によって、ほとけさまを身近に感じてみませんか。
当山では、壮麗な絵天井の下で、當麻曼荼羅に描かれるほとけさまを、どなたでも簡単に描いていただけます。絵を描く楽しさ、ほとけさまが浮かび上がる喜びも感じて頂けるでしょう。
「写仏」は最も簡単な仏道修行でもあります。1000巻の写経の功徳によって、極楽浄土を感得された中将姫さまに想いを馳せながら、是非、仏さまの世界を体感して下さい。


「写仏」をしませんか? お経を書き写す「写経」(しゃきょう)に対して、仏さまのお姿(仏画)を描き写すのが「写仏」(しゃぶつ)です。
「絵を描くのは苦手」という方も多いでしょうが、「写経」と同じで「上手か下手か」は関係ありませんし、下絵をなぞるだけですからそう難しくもありません。
初心者でも。 お子様でも。
気軽に「絵を描く楽しさ」「仏さまが浮かび上がる喜び」を感じていただけます。

格調高い下絵 しかし、「写仏」は手本の通りに完成しますので、その下絵の質が悪いといい絵になりません。  そこで当山では、既製の写仏手本を用いず、「大仏師」として名高い渡邊勢山・渡邊載方の両氏に下絵の制作を依頼し、原画から描き起こしていただいた崇高な写仏手本を完成させました。
どなたでも簡単に本格的な仏画を完成させていただく事ができます。(一般に市販されている写仏用紙と比べてみて下さい)
 また、「写仏」は「写経」と違い、手本の上に薄い紙を重ねてなぞった場合、少しでも紙がズレてしまうと線の修正が効かず、せっかくの美しい仏画が台無しになってしまいます。そこで当山では、あらかじめ薄墨で手本の印刷を施した和紙を用意し、それを直接なぞっていただくようにしていますので、用紙のズレを気にすることなく落ち着いて「写仏」に向かっていただけます。

當麻曼荼羅の「写仏」  當麻寺の本尊「當麻曼荼羅」は、奈良時代、一心に写経に打ち込んでおられた中将姫さまが、 二上山に沈む夕陽の中に仏の浄土を観て、「この清らかな光景を世の人々に伝えたい」という願いから、蓮糸で織り表したものです。図の中には、「極楽浄土の安らぎを生きながらに体感する」方法として、お釈迦さまの説かれた瞑想法が描き表されています。
当山の「写仏」は、この「當麻曼荼羅」から手本をとっています。きっと、厳かな極楽浄土の雰囲気を体感していただけると思います。

絵天井の下で 当山の「写仏道場」は「昭和の天井絵」「平成の天井絵」で飾られています。
文化勲章・前田青邨画伯の『飛鴨』をはじめ、現代画壇では上村淳之画伯、中島千波画伯といった有名一流画家が一人一枚ずつ奉納された絵画およそ150点で飾られています。
中には南画の巨匠・直原玉青画伯や片岡鶴太郎氏による墨彩画も奉納されています。
 このような貴重な作品を頭上に仰いで「写仏」を行える環境は他に類を見ません。

    関連情報

  • ・受 付 : 随時(9:00-17:00(受付は15:30まで))
    ・参加費 : 中之坊入山拝観料(大人500円/小人250円)+用具・用紙代2000円
         (写仏筆、写仏用紙(半身)1点、基本稽古用紙1点、特製クリアホルダー、タオル、
          記念色紙が付属)
    ・注 意 : ご愛用の筆は持ち込み可能です。
          ただし、市販の写仏・写経用紙の持ち込みはできません。
    ・その他 : ご自宅で写仏されたい場合は、用具・用紙を配送いたします。
          メールでお申し込みください。
  • 2回目以降の方は別に規定があります。

    2回目以降の費用

    • 筆を持参される場合:参加費1200円(拝観料込み)で、写仏用紙(半身)1点、基本稽古用紙1点、タオル、がついています。写仏用紙(全身)の場合は+300円です。
    • 筆を持参されない場合:中之坊入山拝観料(大人500円/小人250円)+用具・用紙代1500円で、写仏筆、写仏用紙(半身)1点、基本稽古用紙1点、タオル、がついています。写仏用紙(全身)の場合は+300円です。
    • 用紙を持参される場合:参加費は中之坊入山拝観料(大人500円/小人250円)のみです。ただし、市販の写仏・写経用紙の持ち込みはできません。