寺宝・文化財

中之坊

當麻寺最古の僧坊である中之坊では、中将姫さまの守り本尊である「導き観音さま」を祀っており、その右手から繋がる「五色紐」に触れて"結縁"のお参りをすることができます。
大和三名園の一として名高い庭園「香藕園」(史跡・名勝)や大円窓の茶室(重文)などが公開されているほか、霊宝館では、中将姫ゆかりの宝物などが数多く公開されています。


伽藍

當麻寺の中心に残る伽藍堂塔のうち、曼荼羅堂(本堂)、金堂、講堂の3カ所が公開されています。曼荼羅堂では、當麻曼荼羅がご本尊として国宝の厨子に納められています。金堂では當麻寺の根本本尊・弥勒仏や独特の威厳を持つ四天王などの白鳳仏が拝観できます。講堂には平安時代から鎌倉時代の仏像群が祀られ、様々な時代のほとけさまを対比して見学することができます。


特集

拝観案内